About

Material

レザー

全てのレザーは厳選されており、純粋な植物タンニンを用いてなめされています。これらはPhilipp Breeが、ヨーロッパでも最も知られる製革業者の一つ、1873年創業の高級牛革の植物タンニンなめしのスペシャリストから仕入れています。素材の特性に沿ったそのプロセスは革のナチュラルな表面を保ちつつ、特有のアロマとしなやかな肌触りを作り出します。世界中の革製品で植物タンニンなめしが施されているのは全体のほんの10%程。ナチュラル・レザーがどれ程価値の高い貴重品であるかが伺えます。 バッグとアクセサリーは、ポーランドで150年以上に渡り床革を生産しているワークショップで作られた、スエード・カーフスキンでライニングされています。

  •  

  •  

  •  

リネン

力強く緻密に織られたリネンはイタリアにある家族経営の会社から仕入れています。遡って19世紀、この会社は頑丈なロープを生産することで広く知られていました。それらのロープは今日もトスカーナ地方の教会の鐘を強く結んでいます。 リネンは最も古くからテキスタイル製造に使用されている自然繊維ですが、今日ではその使用率はテキスタイル全体の1%に満ちません。それはリネンが作物としてなかなか要求の高い性質を持ち合わせていることによります。 リネンの繊維となるフラックスが開花するのはたった一日、そしてそれを収穫するのです。その重労働の度合いは数世紀に渡る歴史の中でほんの少ししか変化していません。

  •  

  •  

真鍮

PB 0110の為に特別にデザインされた真鍮はイタリアにあるワークショップで作られています。創業40年、現在二代目となる一族のこのワークショップは真鍮のスペシャリストであり、今でも創始者自身が溶接のプロセスを行っています。 これらの真鍮は破損しにくく、耐久性があります。その表面は酸化防止の為に薄いニスのコーティングが施されており、時が経つにつれ見事でユニークな趣が増して行きます。

  •  

  •  

  •  

ジッパー

全てのジッパーは丈夫な真鍮で出来ています。その務歯の隙間は極力小さく、開閉がスムーズに出来るよう幾度も磨かれています。そしてとても滑らかで手触りがよく、表面を傷つける事のないように作られています。これらのジッパーはドイツの中央部で生産されています。

  •  

  •  

  •  

PB 0110のバッグで使用されている厳選された糸は摩擦などに対して並外れた強さを持ち合わせています。この糸は150年の歴史を持つ家族経営の会社により紡がれています。

  •  

  •